プロフィール

パーシャ・映画

Author:パーシャ・映画
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

三上博史さん作品(映画)
三上博史さんが出演・お勧めされる映画についてのblogです。 三上博史さんファンサイト adorer(アドレ)に属します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば箱舟
三上さんが妖精のように美しい作品です。
『さらば箱舟』や寺山作品についてお話しましょう♪
スポンサーサイト

テーマ:三上博史 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

Morikoちゃん、今度確認します~~(笑)。
足、みせてね。(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
でもでも、ほんと、よかったですね。

寺山さんの言葉の使い方、好きです~~~♪

2005年5月27日(金) 22時6分
【2006/10/23 12:08】 URL | パーシャ #- [ 編集]


パーシャさんのストーリーを読み返してみて、理解していなかった所でドキッとしたことがありました。

いとこ同士で結ばれると、『犬の顔をし、足は毛で覆われた子供が生まれる』ってところ。

私の両親はいとこ同士です。
私は犬の顔でもないし足も毛で覆われていませんよ~
でも奇形児が生まれる事を周りがとても心配したそうで、お参りにいったりしたそうです。

奇形=犬の顔、足が毛で覆われた

と描写しているところが、なんとも芸術的。

2005年5月26日(木) 14時46分
【2006/10/23 12:07】 URL | Moriko #- [ 編集]


へぇ~~~~! そうなんですね!? (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
もう一度、色を意識しながら見直したくなりました。
ありがとうございましたっ。

2005年5月18日(水) 20時16分
【2006/10/23 12:07】 URL | パーシャ #- [ 編集]


私も(床屋さんの事は知りませんでしたが)動脈と静脈かなと。
それしか考えられないですよね、この映画からイメージすると。
あと黄色い花びらは「魂」かなとも思いました。
ということで
色の三原色の赤・青・黄がこの映画には表現されている
(意図的に?)

2005年5月18日(水) 1時40分
【2006/10/23 12:06】 URL | Moriko #- [ 編集]


【赤と青】って、床屋さんのあのクルクル回るのは、【動脈と静脈】を表しているんだよね~なんか関係あるかな?

2005年5月14日(土) 20時55分
【2006/10/23 12:06】 URL | TAKE #- [ 編集]


三上さん登場シーン、まとめてますので、ご覧ください~♪
「映画」 →「さらば箱舟」 →「アダを探せ!」です。(^^

って、見とれてるから、思い出せないですよね。(^^)ゞ
私は木の幹にもたれて眠っているシーンが好きです~♪
美しぃ~~♪

> 木の枝に巻きつけられた「青」と「赤」の布切れはいったい何を表しているのでしょうか
これ、私も知りたいです。
ご存知の方、いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。m(__)m

郵便やさん、ほんとユニークでした。
お手紙も、あの世とこの世の境がなくて楽しいですよね。

2005年5月14日(土) 20時19分
【2006/10/23 12:05】 URL | パーシャ #- [ 編集]


三上さん、大変美しい青年でした。若い!
ラスト近くで、「活動写真が~(だったかな)」って叫びながら走っている青年も三上さんなのかな。
実は私もどの方が三上さんなのか・・・自信がなかったりして。
たぶんこの人だろう~って見てました。

小川真由美さんの演技にも吸い寄せられました。
妖しくも美しい、幻想的な世界。寺山ワールド。

木の枝に巻きつけられた「青」と「赤」の布切れはいったい何を表しているのでしょうか。

それと、あの世とこの世を結ぶ穴から郵便屋さんがお手紙をもってくるシーンとかがとてもユニークでした。あの世からの手紙の内容もユニークね。

石橋蓮司さん、お若い!
最近の「共犯者」の刑事役イメージが強いので、驚きました。
すらっとしてて細くって、ちょっと怖い感じのする目つき。

(個人的に)榎木さんもお若い!
昨年、お会いして、生の舞台も観ましたが・・・
この作品は約20年くらい前の?かな。
三上さんと同年代くらいの息子さんがいらっしゃる。
という事は・・・
三上さんはまだまだまだまだ現役で役者ができるということですね~~♪
いい「おやじ」役を期待します、三上さんっ m(__)m

2005年5月14日(土) 17時26分
【2006/10/23 12:05】 URL | Moriko #- [ 編集]


みーこ。さん、『百年の孤独』読まれたんですね~!
私は借りました(笑)。
字が小さくて、分厚くて・・・読みきれなかったです。(>_<)
・・また借ります~~。

原作と比べられて、どんな感じでしたか?
”下敷き”って言うくらいだから、ずいぶん変わっているのでしょうけれど。

映像、もうもう大好きです。
小川真由美さん、ほんと素晴らしかったですよね。
あ、DVD出てますよ♪ 私、昨年夏に買ったもん。(^^)ゞ

なので e嬢、DVDも探してみてください♪

2005年3月26日(土) 2時12分
【2006/10/23 12:04】 URL | パーシャ #- [ 編集]


そうなの。
私がよく行くレンタルショップにもこの作品は
ないの。
やはりオークションですか…。

2005年3月25日(金) 1時58分
【2006/10/23 12:04】 URL | e嬢 #- [ 編集]


これはかなり好きな作品です。
寺山修二の映画はちょっと難解で私には理解不能な部分も多いのですが、この作品を観てガルシア・マルケスの『百年の孤独』も読みましたよ。
とにかく映像がまず素晴らしいですよね。
それと特筆すべきは小川真由美さん。

そして忘れちゃいけない(笑)三上さんは透明感があって本当に素敵です。

今は大きなチェーンのレンタルショップばっかりだから見つけにくい作品なのかもしれませんね。
ビデオしか出てないし、在庫切れのようなので狙い目はやっぱりオークションかな?(^^ゞ

2005年3月24日(木) 19時27分
【2006/10/23 12:03】 URL | みーこ。 #- [ 編集]


行ける所で上映して頂けると嬉しいですね~。
私もまた観たいです。
あの時、張り切ってたのに、バテバテで、
結局1回しか行けなかったし。(>_<)

見つけるのが難しいときは、
『映画』→『さらば箱舟』→『アダを探せ!』 をどうぞ~♪ ←PR(笑)
これはもぉ、観なあきませんっ。(浜村淳さん風)←違?

2005年3月24日(木) 17時18分
【2006/10/23 12:03】 URL | パーシャ #- [ 編集]


えっ!?
見つける事が難しい作品なの?
ウォーリーを
探せ!的な感じ?妖精だから(大人には)見えないの?
う~む。
気になる作品ですな~。(桂小枝さん風に読む)

2005年3月24日(木) 2時11分
【2006/10/23 12:02】 URL | e嬢 #- [ 編集]


下男の役だということしか知らなくって。三上さんを見つけることが出来ないまま話しがすすんじゃって・・・。
少年と青年の中間のようなとっても可愛い人に見とれてました。
終盤になって、「え?あの可愛い人がそうだったの?」って。
もう、ファン失格ですわ。
若松さんや高橋さんのことはすぐに分かったのに・・・。

主役の山崎さん、小川さんもとっても素敵♪
この作品もやっぱりスクリーンで見るべきでしたね。
またやってくれないかなあ・・・。

2005年3月23日(水) 21時28分
【2006/10/23 12:02】 URL | うさママ #- [ 編集]


ははっ。
おうちで観るより、映画館で観るのがいいかも。
なんか、そんな気がします。(^^

2005年3月23日(水) 20時47分
【2006/10/23 12:01】 URL | パーシャ #- [ 編集]


これも
見た事のない作品です…。

2005年3月23日(水) 0時52分
【2006/10/23 12:01】 URL | e嬢 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://adorermikamv.blog80.fc2.com/tb.php/4-ae71c77d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。